男性がクラミジアになったときの症状とは?原因と自覚症状、潜伏期間について | クラミジア感染すると起こる男性の症状

男性がクラミジアになったときの症状とは?原因と自覚症状、潜伏期間について

性病の1つと言われているクラミジア。
クラミジアの性病はとても有名で、この名前を1度でも聞いたことがあるという人が多いのではないでしょうか。
性病は放っておいても治るものではなく、潜伏期間中に性行為を行ってしまうと次々に人に移してしまうので注意が必要です。
男性がクラミジアになってしまうときの原因と症状について詳しく見ていきましょう。

▼ 目次

クラミジアとは?

クラミジアはもっとも多い性感染症の1つで、最近では18歳〜19歳までの女性の10人に3人がクラミジアに感染していると考えられています。
さらに、20代になると20代に3人の割合でクラミジアに感染していると言われています。
→新宿の泌尿器科で調べる
女性の感染者は自覚症状がない人が多く、知らず知らずのうちに性交渉を重ねてしまうことで男性にクラミジアが移ってしまうこともあるので注意しましょう。

クラミジアの感染の原因は?

クラミジアに感染してしまう原因はオーラルセックスや性交渉によるものだとされています。
オーラルセックスをした場合、女性の咽頭から男性の尿道へと感染してしまいます。
では、「オーラルセックスをしなければいいの?」という人も中にはいますが、女性の性器がクラミジアに感染していた場合は性交渉を行うことでクラミジアに感染してしまいます。
クラミジアの感染を防ぐためには性交渉にコンドームを使うのが一般的とされているのですが、コンドームを付けない人もいるためクラミジアの性病が増加しつつあるとされています。

男性がクラミジア性尿道炎になったときの症状

オーラルセックス等で男性の性器にクラミジアの菌が付着することにより、尿道の粘膜に感染することをクラミジア性尿道炎と言います。
クラミジア性尿道炎になってしまうと、これに続き精巣上体炎や直腸への局部感染がおこり、直腸炎などになってしまう可能性もあるとされています。
クラミジア性尿道炎になってしまったときの症状としては、1週間〜3週間の潜伏期間後に排尿時の違和感や排尿困難、痛みや尿道のかゆみ、不快感などの症状が現れます。
また、炎症が酷い場合は尿道から透明・白い膿が出ることもあります。

クラミジアの自覚症状について

クラミジアの自覚症状については、男性だけでなく女性であっても自覚症状は少ないとされています。
特に、1週間〜3週間の潜伏期間中は症状が全くないことで、クラミジアに感染していると思う人はまずいません。
潜伏期間が終わり徐々に症状が見え始め、初めてクラミジアに感染してしまったことが分かるのではないかと考えられます。
特に、大きな症状として見られるのは性器のかゆみや痛み、膿などでこういった症状が見え始めてからでないと、クラミジアに感染していることを自覚することは難しいようです。

女性が咽頭クラミジアに感染していると男性も感染する!?その症状は?

仮に、女性が咽頭クラミジアに感染していた場合、ディープキスやオーラルセックスをすることで男性も咽頭クラミジアに感染してしまうことがあります。
咽頭クラミジアの症状としては喉の痛みや咳などが出るため、風邪やウイルス性ではないかと疑い、軽度であれば病院に行かないという人もいるでしょう。
咽頭クラミジアの場合は喉の見た目や症状から分かるものではなく悪化し、喉の奥に白い斑点が出来たことで気付く人もいます。
咽頭クラミジアに感染してしまったかもと感じたときは、病院で検査を受けてみた方がいいと思います。

クラミジアと淋病の違いは?

クラミジアと淋病は同じ性病の種類の1つで、どちらも同じくオーラルセックスや性交渉で感染すると言われています。
しかし、クラミジアと淋病にはどんなところに違いがあるのでしょうか。
まず1つ目の違いは、菌の種類が違うということです。
クラミジアの場合はクラミジア菌が尿道の粘膜に感染して炎症を起こすのですが、淋病の場合は淋菌が尿道の粘膜に感染して起こります。
症状としてはどちらも同じような症状が見られるのですが、一般的にクラミジアよりも淋病の方が症状が出る痛みについては激しいとされています。
また、淋病に感染してしまった場合は睾丸炎を引き起こすこともあり、38度以上の発熱が見られることもあります。
性病では症状が落ち着いたことで病気ではなかったのだと判断してしまう人も少なくありません。
クラミジアや淋病に感染したときの症状が見られる場合は、症状が一旦なくなったとしても病院できちんとした検査を受けるようにしましょう。

このように男性がクラミジアに感染してしまうと、性器のかゆみや痛み、排尿時に違和感を感じることがあります。
咽頭クラミジアも同じような症状が出るので、これらの症状が見られるときは性交渉を行わず、病院で検査を受け何も異常なかったと分かるまでは、女性との性交渉を行わないようにしましょう。
性病かもしれないと思いつつも、自分の性的欲求を満たすために性行為を行ってしまうと、性病に感染してしまう人が増えてしまうので注意しましょう。

新着情報

淋病の感染

淋病の感染

淋病はクラミジアと同じく代表的な性病となっており、性病になったと思って検査すると淋病だったというケースは珍しくありません。
多くの性病と同じく、淋病は性行為などで感染します。
直接の性行為はもちろん、最近ではオーラルセックス、ディープキスなどでうつるといったケースも増えています。
感染するとやがて症状が出ることも多いです。
寝ていれば治る風邪などとは違い、自宅で治療できることの少ない病気となるため、感染後は病院の受診や通院が必要になることが多く、手間がかかりやすい病気となります。
なるべくなら感染したくないところでしょうが、原因は目に見えない菌ですから、気づいたら感染しているという例も多いです。

淋病の症状について

淋病になったらどんな症状が出るのかというと、まず男性の場合ですが、排尿時の痛みや違和感、尿道のかゆみや不快感、尿道からの膿といったものとなります
これら症状はクラミジアとよく似たものとなるのですが、淋病の方が症状の程度が強く、排尿時の痛みがより強かったり、膿が多く出たりといったことがあります。
かなり気になる症状となった場合、それは淋病の可能性があります。
これら症状は男性の方にはつらいものとなりがちですが、症状が出たら寝たきりとなって日常生活が送れないといった症状にはなりません。

だからといって治療をせずにいると症状が悪化することがあります。
淋病の治療が遅れると、原因となっている淋菌が精巣上体という別の部位にまで到達し、そちらで炎症が起きることがあるのです。
そうなると患部の腫れのほか、強い痛みが出て歩けなくなることもあります。
ここまで症状が悪化すると日常生活にも影響が出ますから、早めに治療することが大事です。

なお、淋病は女性も感染する病気ですが、このときはあまり症状が出ないことも珍しくありません。
症状が出たとしてもおりものの増加、軽い不正出血などとなるため、気づきにくい病気となっています。
だからといって病気が軽いわけではなく、放置すれば悪化しますし、その状態で性行為などすると相手にうつすことになります。

淋病に感染したかもと思ったら

ご紹介したような症状が出ており、淋病に感染したかもしれないと思ったら病院を受診しましょう。
淋病での受診先は泌尿器科、性病科、女性なら婦人科なども利用できます。
こちらを利用すれば淋病の症状について相談できますし、検査もありますから、淋病かどうかしっかり調べられます。
もし感染が確かめられたら治療薬ももらえますから、気になる症状があれば病院を受診してください。

喉の性病

喉の性病

実は喉も性病の感染に注意すべき部位となっています。
喉にも感染する性病とは、たとえばクラミジアです。
感染者が多く、パートナーがいる方は感染する機会も比較的多い病気ですね。
喉だけが感染部位ではなく、性器周りでも感染します。
男性がこれにかかると尿道炎が起こり、排尿時の痛みや違和感のほか、尿道からの膿といった症状が出るのです。
喉の性病 の続きを読む

泌尿器科とは

泌尿器科ってなに?

病院はいくつかの診療科目に分かれていますよね。
内科や耳鼻科、皮膚科といった病院は比較的身近で、これまでにも一度は行ったことがある方も多いでしょう。
しかしそのほかにも病院はいくつもあり、その中の一つになるのが泌尿器科です。
成人した方など泌尿器科を受診する機会も増えていきますが、そもそも泌尿器科とはなにかよく知らない方も多いですよね。
泌尿器科とは の続きを読む

クラミジアにアルコールは厳禁?

クラミジアとアルコール

クラミジアになると排尿時の痛みや違和感といった症状が出ます。
症状が悪化すると尿道から膿が出るといった症状になる場合もあります。
これら症状はクラミジアが起こす異常となり、病院での治療が必要となりますが、このときにアルコールは飲めるのか気になることもあるでしょう。
性病の感染者は成人済みの方となる場合が多いですから、日常生活の中でお酒を飲む機会もありますよね。

クラミジアとアルコールの組み合わせはどうなのかというと、基本的には避けるべきとされます。
治療をする前の段階ではまだ何の薬も飲んでいないわけですから、アルコールを飲んでも問題ないようにも思えるでしょう。
しかし体に異常が起きているときには基本的にアルコールは避けるべきものとなります。
まだ病院に行く前で薬を飲んでいなかったとしても、アルコールの摂取はなるべく避けるのが望ましいですね。
個人的に飲むのはもちろん、仕事関係のお酒もできれば体調不良を理由に控えさせてもらうといいです。

治療を開始したあとのアルコールは厳禁

クラミジアは自然治癒することはほとんどないため、クラミジアになったかなと思ったら基本的にアルコールは避けるべきとなるのですが、治療を開始したあとはなおさら避けるべきとなります。
病院を受診するとクラミジアに効く薬を処方されます。
これは抗生物質の飲み薬となることが多く、それを飲むことでクラミジアの治療ができるのです。

この治療中は体内に薬が入っているため、アルコールは厳禁となります。
薬を飲み続けることで次第にクラミジアの症状が治まってくるように感じることもあるかもしれませんが、そのときもまだアルコールは飲まないように注意してください。
お酒が飲みたいからと、途中で抗生物質を飲むのをやめるといったこともNGとなります。
症状が治まってもまだ完全には治っていないことがあるためです。
途中で薬を飲むのをやめるとクラミジアが治りきらずに再発することもありますから、治療期間中はアルコールを基本的に控え、最後まで薬を飲みきってください。

薬をアルコールと一緒に飲むとどうなる?

ちなみにもし薬とアルコールを一緒に飲んだとしてどうなるのでしょうか?
このときはお酒が入っていないときに比べて薬の効果が強くなりすぎるなど、事故が起こる可能性があります。
また、クラミジアの治療中にお酒を飲むと病気も治りにくくなり、治療期間が間延びすることもあります。
このようにクラミジアになったときは、なるべくアルコールを控えて速やかに病院の治療を続けることが大事です。

クラミジアと淋病って何が違うの?症状の違いと治療法の違いについて

性病であるクラミジアと淋病。
「クラミジアについては知っているけど淋病って何なの?違いは?」と答える人が多いです。
この2つの性病は主に粘膜の濃厚な接触で感染するもので、オーラルセックスや性交渉などで感染すると言われています。
では、この2つの性病の違いについて見ていきましょう。
クラミジアと淋病って何が違うの?症状の違いと治療法の違いについて の続きを読む