男性がクラミジアになったときの症状とは?原因と自覚症状、潜伏期間について | クラミジア感染すると起こる男性の症状

男性がクラミジアになったときの症状とは?原因と自覚症状、潜伏期間について

性病の1つと言われているクラミジア。
クラミジアの性病はとても有名で、この名前を1度でも聞いたことがあるという人が多いのではないでしょうか。
性病は放っておいても治るものではなく、潜伏期間中に性行為を行ってしまうと次々に人に移してしまうので注意が必要です。
男性がクラミジアになってしまうときの原因と症状について詳しく見ていきましょう。

▼ 目次

クラミジアとは?

クラミジアはもっとも多い性感染症の1つで、最近では18歳〜19歳までの女性の10人に3人がクラミジアに感染していると考えられています。
さらに、20代になると20代に3人の割合でクラミジアに感染していると言われています。
→新宿の泌尿器科で調べる
女性の感染者は自覚症状がない人が多く、知らず知らずのうちに性交渉を重ねてしまうことで男性にクラミジアが移ってしまうこともあるので注意しましょう。

クラミジアの感染の原因は?

クラミジアに感染してしまう原因はオーラルセックスや性交渉によるものだとされています。
オーラルセックスをした場合、女性の咽頭から男性の尿道へと感染してしまいます。
では、「オーラルセックスをしなければいいの?」という人も中にはいますが、女性の性器がクラミジアに感染していた場合は性交渉を行うことでクラミジアに感染してしまいます。
クラミジアの感染を防ぐためには性交渉にコンドームを使うのが一般的とされているのですが、コンドームを付けない人もいるためクラミジアの性病が増加しつつあるとされています。

男性がクラミジア性尿道炎になったときの症状

オーラルセックス等で男性の性器にクラミジアの菌が付着することにより、尿道の粘膜に感染することをクラミジア性尿道炎と言います。
クラミジア性尿道炎になってしまうと、これに続き精巣上体炎や直腸への局部感染がおこり、直腸炎などになってしまう可能性もあるとされています。
クラミジア性尿道炎になってしまったときの症状としては、1週間〜3週間の潜伏期間後に排尿時の違和感や排尿困難、痛みや尿道のかゆみ、不快感などの症状が現れます。
また、炎症が酷い場合は尿道から透明・白い膿が出ることもあります。

クラミジアの自覚症状について

クラミジアの自覚症状については、男性だけでなく女性であっても自覚症状は少ないとされています。
特に、1週間〜3週間の潜伏期間中は症状が全くないことで、クラミジアに感染していると思う人はまずいません。
潜伏期間が終わり徐々に症状が見え始め、初めてクラミジアに感染してしまったことが分かるのではないかと考えられます。
特に、大きな症状として見られるのは性器のかゆみや痛み、膿などでこういった症状が見え始めてからでないと、クラミジアに感染していることを自覚することは難しいようです。

女性が咽頭クラミジアに感染していると男性も感染する!?その症状は?

仮に、女性が咽頭クラミジアに感染していた場合、ディープキスやオーラルセックスをすることで男性も咽頭クラミジアに感染してしまうことがあります。
咽頭クラミジアの症状としては喉の痛みや咳などが出るため、風邪やウイルス性ではないかと疑い、軽度であれば病院に行かないという人もいるでしょう。
咽頭クラミジアの場合は喉の見た目や症状から分かるものではなく悪化し、喉の奥に白い斑点が出来たことで気付く人もいます。
咽頭クラミジアに感染してしまったかもと感じたときは、病院で検査を受けてみた方がいいと思います。

クラミジアと淋病の違いは?

クラミジアと淋病は同じ性病の種類の1つで、どちらも同じくオーラルセックスや性交渉で感染すると言われています。
しかし、クラミジアと淋病にはどんなところに違いがあるのでしょうか。
まず1つ目の違いは、菌の種類が違うということです。
クラミジアの場合はクラミジア菌が尿道の粘膜に感染して炎症を起こすのですが、淋病の場合は淋菌が尿道の粘膜に感染して起こります。
症状としてはどちらも同じような症状が見られるのですが、一般的にクラミジアよりも淋病の方が症状が出る痛みについては激しいとされています。
また、淋病に感染してしまった場合は睾丸炎を引き起こすこともあり、38度以上の発熱が見られることもあります。
性病では症状が落ち着いたことで病気ではなかったのだと判断してしまう人も少なくありません。
クラミジアや淋病に感染したときの症状が見られる場合は、症状が一旦なくなったとしても新宿の性病科の病院できちんとした検査を受けるようにしましょう。

このように男性がクラミジアに感染してしまうと、性器のかゆみや痛み、排尿時に違和感を感じることがあります。
咽頭クラミジアも同じような症状が出るので、これらの症状が見られるときは性交渉を行わず、病院で検査を受け何も異常なかったと分かるまでは、女性との性交渉を行わないようにしましょう。
性病かもしれないと思いつつも、自分の性的欲求を満たすために性行為を行ってしまうと、性病に感染してしまう人が増えてしまうので注意しましょう。

新着情報

クラミジアは検査で発見

症状が出たと思ったらすぐ検査をする

クラミジアは症状が出にくい性病と言われています。

そのため、気が付いたときにはかなり時間が経過していることも多いですし、相当時間が経過しても気が付かないこともあるでしょう。

気が付いたら早急に検査をして、病気を特定することが重要になります。

そのためにはクラミジアというのはどのような症状が出るのかを知っておく必要があるでしょう。

ここで重要なのは、クラミジアは目に見える形で症状が出るわけではないという点です。

もし何らかの症状が出た場合には、別の病気を併発している可能性が高いでしょう。

クラミジアの特徴は、尿道がかゆくなる、排尿時に痛みが発生する場合が多くなっています。

女性であれば他にも下腹部の痛みや性交を行ったときに痛みが出る、帯下が増える場合や不正出血などが出ることもあるので、比較的発見しやすくなっています。

それに対して男性の場合には、先ほど紹介したような尿道の痛みやかゆみぐらいしか症状が出ませんし、それほど激しく痛みやかゆみが出ることも少ないのです。

そのため、男性は女性以上にクラミジアの発見が遅れる傾向にあると言えるでしょう。

発見が早ければ、薬だけでも治療が行えるので、疑わしい場合にはすぐ検査を受けるべきです。

また、発症するまでには5日後から3週間程度かかるとも言われているので、感染源も特定しにくくなっています。

検査の方法と結果が出るまでの期間

クラミジアの検査は、男性と女性でも異なっているのですが、今回は男性の検査方法について紹介します。

男性の場合、検査方法は大きく分けて2種類になります。

1つめは血液検査なのですが、実は血液検査を行ったとしても、性格にクラミジアの感染を特定することができない場合があるのです。

たとえば以前にもクラミジアを発症している場合、現在では完治していても陽性と診断されることがあります。

クラミジアは検査で発見 の続きを読む

クラミジアは放置するべきでない

クラミジアとは何なのか

クラミジアは若い人を中心に、現在最も多く発生している性病とも言われています。
性病の種類によって、男性が多い場合と女性が多い場合があるのですが、クラミジアに関しては女性の方が男性の2倍多いというデータもあるのです。

年間3万人の人が感染しているとも言われているクラミジアですが、発症するとどのような症状が出るのでしょうか。
また、何が原因で発症するのでしょうか。

クラミジアは性病といわれていることでもわかるように、性交を行うことで感染するのですが、クラミジア・トラコマティスという細菌が原因で発症します。
しかし、発症してもあまり症状が出ない人もいれば、尿が近くなる、膀胱が痛くなるなどの症状が出ることもあるのです。
クラミジアは放置するべきでない の続きを読む

性病の診察

違和感を感じたらすぐに泌尿器科へ

性病はそのまま放置しておいても自然治癒することはなく、たとえば性病の代表格であるクラミジアは性交渉によってのみ感染し、一度潜伏してしまえばそこからいろいろな病気を発症し、自然治癒することはありません。

また、やっかいなことに自覚症状がなかなか出にくいという特徴がありますので、どういう自覚症状が出てくるのかあらかじめ調べておき、少しでも違和感を感じたら泌尿器科を受診して診察を受けるようにしてください。

性交渉によってのみ感染することはよく知られていますから、たとえば以前交際していたパートナーから感染したまま放置していて現在のパートナーと性交渉をして感染させてしまうと、浮気をしたのではないか…と疑われる原因にもなります。

泌尿器科での適切な治療ができればだいたい2週間前後で完治しますので、できるだけ早い治療をすることが重要なポイントと言えるでしょう。

泌尿器科による診察

それではクラミジアに感染してしまった場合、泌尿器科ではどのような診察をするかと言うと、男性であればまずどのような自覚症状があるのか聞かれると思います。

そしてクラミジアにかかっているかもしれない可能性についての話をして、検尿によって尿中PCRをチェックし、判断します。

そこでクラミジアに感染していることが分かれば、抗生物質による治療を進めていきます。

クラミジアによる自覚症状は一般的に排尿痛や残尿感などからスタートしますが、これは尿道に菌が行って感染しているからです。

ただこの段階はまだ初期なので、この時点で抗生物質による治療ができれば完治も早いです。

そこから進むと尿道から前立腺へ行きますので、抗生物質が届きにくくなるため、治療期間が長くなる可能性もあります。

さらに進行していくと精巣のほうへ行き、副睾丸炎を発症してしまうリスクもありますので注意してください。

性病の検査を定期的に行うだけでもそのリスクは回避できますから、パートナーとよく話し合ってお互いに理解を深めておきましょう。

大切なパートナーを守るためにも

クラミジアに感染したら早期に治療することはもちろん、普段から感染しないための努力をしなければなりません。

クラミジアに感染したことで不妊になってしまうリスクもありますし、様々な合併症を引き起こしますから、もし自分が感染していればパートナーとの性交渉によって移してしまいます。

そうならないためにも検査は重要なのです。

クラミジアで咽頭炎を発症?

クラミジアの怖いところ

クラミジアはよく知られている性感染症のひとつですが、これは放置しておくといろいろな病気を発症するきっかけになるため、普段から注意して生活する必要があります。

日本ではまだまだ性感染症に対する意識が低いところがありますし、実際に病気にかかっているにも関わらず自覚症状がないため、そのまま放置してしまっている人も少なくありません。

たとえば男性の場合、クラミジアの潜伏期間は非常に短く1日~1週間程度だと言われており、そこからまずは尿道へ行き尿道炎を発症します。

その後前立腺炎や副睾丸炎を発症するリスクが高くなるため、早い段階での治療が必要になります。

治療はできるだけ早いほうが当然回復も早くなりますので、少しでも自覚症状を感じたらまず泌尿器科を受診するようにしてください。

代表的な自覚症状としては排尿痛や残尿感、尿道の違和感などです。

クラミジアで咽頭炎を発症? の続きを読む

クラミジアは自覚症状が少ない?

性感染症の代表格であるクラミジア

一般的に性感染症と聞くとまずクラミジアをイメージする人が多いと思いますが、中にはクラミジアに対してあまり深刻に考えていない人もいて、大きな問題に発展してから気付くケースもあるみたいです。
なぜそのようなケースが出てくるかと言うと、クラミジアは性感染症の中でも自覚症状が少ないため、自分がクラミジアに感染しているという感覚が希薄だからではないでしょうか。
裏を返せば自覚症状が出てくるころには取り返しのつかないことになっていることもありますので、できるだけ早い段階で治療していくことが大切ですし、何よりもクラミジアを含む性感染症のリスクをできるだけ少なくする努力をしたほうがいいでしょう。

クラミジアは自覚症状が少ない? の続きを読む